結婚相手は、職場か趣味の教室の出会いが一番多い!

日本で最も多いのは、職場で出会う結婚

わたしが勤めていた会社は、大阪支店で約100名くらいの社員でした。名古屋に本社があり、東京支店もあり、転勤もありました。新入社員も毎年入ってきました。

なんと、男性は、私の課では100%職場結婚でした。会社全体もとても高い確率で社内結婚でした。

男女比は、3:1くらいでした。営業がほぼ男性ばかり、企画と事務は女性が多いのですが、仕事でも交流は全体であるので、女性ばかりとか男性ばかりとかで働いている部署はありませんでした。

 

f:id:cy03:20170802080617j:plain

 

つまり周りに男女混じっていれば、自然に恋も仕事仲間としての親しみも湧いてくるのです。内気でも、第一印象悪くても、美人でなくても。

ゆっくり人柄がわかってくるからでしょう。

なので結婚はするべき人生の大きな課題ですから、一般的な職種なら男女がいる会社を選んだほうがいいと思います。

 

二番目は趣味などの教室で出会う結婚が多い!

たまたま、自分のしたい仕事が同性ばかりの会社なら、仕事以外では男女いる、趣味教室やジム、カルチャー教室などに行くと一石二鳥だと思います。

絵画、音楽、外国語、スポーツ、ビジネスに関することなどたくさんありますね?例え、ここで出会わなくても身につくものがあって成長できるのでムダにはなりません。

積極的に輝いて生きているからこそよい出会いがあったりと、相乗効果もあります。

 作家であり俳優でもある、中谷彰宏さんは、”恋愛は同レベルの人に起こる事件である”というようなことをおっしゃていましたが、基本そうですよね?自分のレベルを上げればレベルの高い人と出会うのです。

 

わたしは50歳を目前に絵画教室に行きました。そこは社会人コースで10代から70代の男女がいて、先生も数人おられましたが、独身の20代から50歳近い先生まで全員、受講生と結婚されました。受講生同士の結婚も幾つもありました。

 

男性ばかりの職場で女性と話ができないタイプの男性も何人かおられましたが、おばさんは男性を意識しなくて話したりするし、若いからこそおじさんに男性を意識しない女の子もいるし、そのうちにその男性も普通に異性とも話せるようになっていました。

 

f:id:cy03:20170802080610j:plain

 

人って環境でどうにでもなる、水みたい要素があると思います。だから同性ばかりの職場だったら、男女混じる、趣味の教室や何かを学ぶ教室に通うこをおすすめします。

別の世界を持っていると、会社で嫌なことがあっても軽く流せたりしますし、少し客観的に見られたりできるのも利点です。

わたしの周辺でも、結婚の出会いは、職場が一番多いし、次は趣味や英会話、テニス教室などです。ここからの友人や仲間の友人という場合もあります。

 

結婚相手は職場か習い事の場で見つける!という意識を持っていきるのもいいと思いませんか。婚活サイトなどでの出会いは、よい相手に出会わなければムダに時間とお金を使い、危険もはらんでいることを思えば、習いごとは、身につくし楽しくなるしどっちに転んでもムダにはなりませんよ ♪